独学でwebデザイナーへ就職|正しい独学の勉強方法

こんにちは!webデザイナーの鹿男です。

webデザイナーへ就職するために独学でやる方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

  • 何から勉強をすればいいのかわからない
  • どうやって勉強するのかな?とりあえず本買うか・・・
  • どのレベルまでスキルを持っていけばいいのかな?

疑問はたくさんあると思いますが、1つでも当てはまるなら記事を読んで解決しましょう。

 

鹿男

独学って難しいのかな?一人だと心配だなー
確かにwebデザイナーの技術を独学で学ぶのは難しいよ!でもちゃんと勉強方法を知っていれば無理ではないんだ

サンタさん

 

本記事の内容
効率よく、最短でwebデザイナーになれる独学方法の紹介

私も未経験から独学とスクールを使いwebデザイナーになったので、正しい情報を伝えられるかと思います。

時間は有限なので、効率よくかつ最短でwebデザイナーになれる勉強方法を書いていきます。

未経験からwebデザイナーに就職するまでのキャリアや学習について、就職までのオススメのやり方をこちらに書いてありますので興味がある方はご覧ください。

未経験からwebデザイナーに就職|オススメの進め方

 

独学でwebデザイナーへ就職|正しい独学の勉強方法

目次はこちらになります。

正しい勉強方法については、ご覧の通りですが、結局のところ全部やってください。
書籍だけで動画だけでwebデザイナーになれるのはよっぽどの努力家かセンスがある人だけですし、必ず不明な点が出てくるので別の教材で補う必要があります。

スクールよりも出費が1/10ぐらいで収まりますので、出し惜しみせず投資した方がwebデザイナーへ最短で効率よく就職できます。

 

webデザイナーで学ぶべきもの

webデザイナーで学ぶべきものはこちらになります。

  • Illustratorの操作(必須)
  • Photoshopの操作(必須)
  • HTML/CSSのコーディング技術(必須)
  • デザインの質(必須)
  • Jvascript/jQueryのコーディング技術
  • 仮説思考
  • 分析力

並べてしまうとかなり多く見えますが、今回説明する学習ステップと勉強方法を解説するので、一つ一つ学んでいけばちゃんと進んでいけます。

ただ、独学での学習は聞く相手がおらず壁にぶつかることはたくさんありますので、webデザイナーへ本気でなりたいとい気持ちがなければ難しいと思います。

これらのスキルをどれぐらいまで身につければ良いのかはこちらの記事に詳しく書いてあるので、こちらも合わせて読んでいただき、自分の目標にしていただきたいです!

各スキルレベルをここまであげよう

 

やっぱり難しいそうだから辞めようかなと思った方は、スクールに行くことをオススメします。これらのスキルを身に着ける環境が用意されておりますし、就職支援まであるのでとても便利です。

自分のスタイルに合わせてくれて費用が安いスクールなどもあるのでぜひチェックしてみてください。

オススメwebデザイナースクールを紹介

 

独学での3つの学習方法

webデザインを学習する上で3つ方法に分けられます。

冒頭でもお話したように、1つに絞るのではなく全て利用しましょう!
書籍で不明な点は動画で理解して、動画では深く触れられていない点は書籍で理解するととても効率がよく学べます。
では、特徴を説明していきます。

書籍を使って独学で学ぶ

書籍のメリットとしては、世に出ているため信頼できる情報が載っていることです。
古くからある書籍もあるので、ある程度最新の物を購入するのがベストですが、今の技術も昔の技術をベースとして考えられているのことが多いのでそこまで気にする必要はないと思います。

書籍のデメリットとしては、文字で読んでも分からない部分がありそれを質問できないことです。アプリは更新されていくため、書籍の内容が同じところになかったり、静的なため操作方法があっているのか分からない時がありますが、聞くことができません。そうゆう場合に動画の学習方法を利用しましょう。

書籍を使って独学で学ぶ場合のポイントですが、極力最新の物を選んでください。
そして、webデザインの書籍を大量に買うのではなく、自分に必要な物だけ買うようにしましょう。

後ほど、私がオススメする書籍を紹介しますが、自分に必要であれば購入してください。

 

Udemyで学ぶ

Udemyのメリットは、動画を視聴しながら実際に手を動かすことができることです。
また、オフラインでも視聴でき分からないことは講師に質問できます。気が付いた方もいると思いますが、書籍のデメリットを全て補えているんですよね。

Udemyのデメリットは、講座数の多さです。
講座が多いことはいいことですが、講座の内容が統一されていないので自分に合う合わないがはっきり出てしまいます。ただ、講座を体験デモで見れるので避けることはできます。

Udemyを使う上でのポイントですが、セールのタイミングで購入をすることです。
Udemyの講座は定価が高いものがほとんどですが、セールを狙えば90%OFFなので2,000円くらいで購入することができます。
セールを狙えば、専門書より安く購入できますね。

こちらも後ほど私からオススメを紹介しますので、ぜひUdemyへ無料登録してみましょう。

オンラインで学ぶWebデザイン講座

 

無料学習動画を使って学ぶ

無料学習動画の特徴は、金額がかからずに視聴ができることです。
基礎的な部分は、費用をかけずに学べますし、無料学習動画はたくさんあるので自分の求めている内容があるところを探すしましょう。

デメリットとしは、重要な部分は料金を取られることです。
基礎的な部分は学べても、詳しい内容や発展的な技術は有料になり、金額を支払うかまた違うサイトを探すので非常に効率が悪いです。

無料学習動画のポイントとしては、こういったサイトをたくさん知っておくことです。
各サイトの強みを理解して、信用できるサイトで学びましょう。

ただし、デメリットの部分を考えると、安く買えるUdemyを使った方が質問もできるのでオススメです。
こちらも後ほど紹介いたします。

独学の学習ステップと勉強方法

ステップはこちらになります。

1〜4は必須項目なので、必ず身につけて行きましょう。
5〜6は必須ではないですが、企業に評価してもらえるスキルのため余裕があれば身につけてください。

webデザイナーは技術職になりますので、経歴よりも即戦力として働けるのか面接でみられます。
そのため、技術は幅広く、クオリティは高い方が絶対に良いと言うことを忘れないでください。

この章では、勉強方法として書籍やUdemyの紹介を行なっていきます。
もし、どのぐらいまでのスキルレベルを持っていればいいのか不明な方はこちらの記事を合わせてご覧ください。

各スキルレベルをここまであげよう

1.イラストレーターの勉強方法

イラストレータはどのように使われているかと言うと、ロゴやアイコンの、イラストを作成する使い方が一般的です。

なぜこれから学ぶかと言いますと、基本的な操作はフォトショップと一緒のため学習しやすいIllustratorで一緒に学ぶ方が挫折や壁にぶつかりにくいためです。

Illustratorの勉強方法とオススメの書籍と動画

比較的分かりやすいツールなので、基本的な操作は書籍で学んでしまいましょう。
ただし、難しい部分は必ず出てくるので、Udemyで補った方が良いかと思います。また、応用施術はUdemyで学びましょう。操作方法が難しくなってくると書籍では理解が難しくなるので視覚的にわかるUdemyがオススメです。

重要なことなのでなんども言いますが、技術が高ければ高いほど就職しやすいです。そのためにも出し惜しみせずこれからオススメする書籍と動画で学んでください。

世界一わかりやすいIllustrator操作とデザインの教科書

 

この書籍は、Illustratorの基礎だけに注力しており、機能やツールの使い方の初歩から読み終わる頃には、しっかりと基礎力がついている状態になります。現場で必要な技術を選んで15のレッスンで構成されています。

Illustrator 基礎からプロレベルまで 完全ですべてをゼロから最短で学べる講座

UdemyでIllustratorを学ぶのであればこの講座が一番です。

Illustratorの使えるレベルから表現するレベルのスキルが身につき、入門用の簡単なイラストからプロレベルまで実際に作品を使って練習できます。練習素材まで用意されているのですぐに始められるのもポイントですね!

Illustrator 基礎からプロレベルまで 完全ですべてをゼロから最短で学べる講座

もし、Udemyから入るのであれば少し初心者には難しい内容になっていますので、紹介した書籍を手元において学ぶことをオススメします。

2.Photoshop

Photoshopは、webサイト全体のレイアウト作成から、画像加工のようなヴィジュアルを作成するのが一般的です。
ヴィジュアル作成などはかなり技術的な部分なので、苦労するかもしれませんがPhotoshopはweb業界では必要不可欠のため必ずマスターしましょう。

Photoshopの勉強方法とオススメの書籍と動画

Photoshopは技術的な部分が多いので、書籍で学ぶにはあまり向いていません。
ここはUdemyで基礎から応用部分まで学んでしまうのが一番効率が良いと思いますが、基礎的な部分を本として持っておきたかったり、動画を見て分からなければ書籍の購入を考えても良いかと思います。

世界一わかりやすいPhotoshop操作とデザインの教科書

 

Illustratorと同じ書籍になりますが、やはり基礎力を身につけると言う点では、このシリーズが一番いいです。
また、同じシリーズの方が書籍の見方や癖もわかっているので頭に入りやすいので、もし別の書籍を買う場合でも一緒のシリーズを購入することをオススメします。

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース

画像を見ていただけると分かりますが、PhotoshopだけでなくHTML/CSSなどもサイトを完成させるところまで学べるのでオススメします。

この講座は、過去1100人以上のスクール卒業生を輩出した企業が作成しているので、効率よくスキルを身につけられるプログラムはここにしかない価値です。

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース

3.HTML/CSS

webデザインを完成させたら、HTML/CSSを使ってwebサイトに反映できるようにコーディングをするのがこちらのHTML/CSSの役割になります。

今は、webデザイナーがHTML/CSSでコーディングをするのが当たり前でさらにレベルの高い技術を求められているので、まずはHTML/CSSを使用して思い通りにサイト構築できるようにしましょう。

また、こちらはPhotoshopで紹介したUdemyで補えるので本とUdemyは省略しますが、クオリティの高い無料学習サイトがあるので紹介します。

HTML/CSSの勉強方法とオススメの無料学習動画サイト

HTML/CSSはPhotoshopで紹介したUdemyの動画で一通り学べるのでそちらを活用しましょう。
そのほかに、無料学習動画サイトでHTML/CSSがほとんど学べてしまうのでそちらをうまく活用すると良いかと思います。

4.デザインの質

1〜3で、webサイトまで反映させることができました。
次は、デザインの4原則と言うルールや、良いデザインの法則を知ることで、初心者からwebデザイナーへスキルアップを行いましょう。

デザインの質の勉強方法とオススメの書籍

今回は、オススメの書籍しかありませんが、理由はデザインのクオリティをあげるコツは書籍でも視覚的に分かりやすく説明されていますし、じっくり時間をかけて学んだ方がいいためです。

ノンデザイナーズ・デザインブック

デザインの「4つの基本原則」これを知るだけで、デザインはかなりよくなります。
プロでなくても読みやすいデザイン・分かりやすいレイアウトが作れるためwebデザイナーになるには必読です。

なるほどデザイン

悪い例を元に、悪い例のどこを直したら良いデザインになるのかそして、直したデザインを見れるためとても参考になります。
独学では、プロ視点を学べないのでこの書籍でプロ視点を身に着けましょう!
1ページにかけるデザインへの情熱は物凄いですよ。

けっきょく、よはく。

あまり紹介されてないですが、webデザイナーになるには余白を意識したデザインが重要になります。
良いデザインは余白がしっかりと空けられて、情報の分別ができています。
こちらの本は、たくさんのジャンルでの豊富なレイアウトが紹介されているのでオススメします!

5.JavaScript/jQuery

JavaScript/jQueryはサイトに動きをつける上で必要なプログラミング言語になります。

最近のサイトは、動きのないサイトはあまり見かけられないですよね。
動きだけでなく、ユーザーに使いやすいサイトを作成する上でも必要になってくるため、web業界の求人では条件として入ってきます。

JavaScript/jQueryの勉強方法とオススメの書籍と動画

HTML/CSSのように簡単なプログラミング言語ではないですし、かなり奥が深い言語のため最短でwebデザイナーになるためには触れる部分だけ学びましょう。

JavaScript/jQueryの勉強方法は、まずは書籍で学ぶのが一番いいです。
なぜ、書籍なのかそれは、web業界ではかなり有名な良書があるためそれを使えば、効率よく学べるためです。

ただし、応用部分や不明点は出てくるので動画でスキルアップを図ることをオススメします。

Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門

こちらの本はドーナツ本と呼ばれており、web業界ではかなり有名な良書です。
JavaScript/jQueryは、苦手だなと思う方が多い中こちらの本がとても分かりやすく解説をしており、初心者の方では入りやすいのでオススメします。

フロントエンドエンジニアになりたい人のWebプログラミング入門

こちらはHTML/CSSも入っておりますが、JavaScriptの基礎を学べる動画になっております。

実はJavaScriptをベースにしている言語はjQueryだけでなくvue.jsなどもあります。
vue.jsはjQueryの次にシェア率があり、今後はvue.jsがメインになってくるのでは・・・と話題になっているので、こちらも一緒に学べるのはとても効率がいいです。

 

6.仮説思考

そもそもwebデザインをする理由は、ビジネス上の問題を解決するためです。

そのためwebデザイナーはデザインする上で、ユーザーの視点を考えてどうしたらユーザーがサービスの価値を感じてもらえるのか、そして利用してもらえるのか考えらながwebデザインをするため「仮説」が必要になります。

詳しくは、Goodpatchさんのサイト(外部リンク)をご覧ください。※私の記事では仮説思考と書いてあり、外部リンクではデザイン思考となっておりますが同一の意味です。

仮説思考の勉強方法とオススメの本

仮説思考に正解はないので、たくさんの資料から自分の形を身につけていくことがベストだと思います。
あくまでもwebデザインの技術ではありませんが、ビジネスに対する思考を持っておくと即戦力+企業貢献ができ面接時での評価がグッと上がるため知識として持っておくのが良いでしょう。

こちらは、オススメの本とサイトを紹介します。

デザイン思考が世界を変える

デザインへのイメージがガラッと変わる本です。機能ではなく人間中心にしたデザインを心がけることがビジネスにおいて必要なことだと理解できる内容になっております。
未経験からwebデザイナーになる方で、ここまで知っていたら即採用します・・・。笑

オススメのサイト

  • GoodPatch(デザイン思考では超有名企業)
  • ferret(マーケティングを学ぶならココ)

 

7.分析

webデザイナーをするのであれば、分析は必要不可欠です。

webサイトに訪問したお客様が、サービスを利用しなかったり、途中で読まずに戻ってしまったりすることは必ずありますがそれが何故なのか分析をしなければいつまでも利用価値はあげられません。

分析ではGoogleアナリティクスを使用するのでそちらを学びましょう!

分析の勉強方法とオススメの本

こちらに関しては、Googleアナリティクスの全体像を把握しましょう。
webサイトを持っている方は実践で学んだ方がいいですが、ない場合はどうゆうものなのかそれを使って何ができるのか知っているレベルで大丈夫です。

現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書

こちらは、グーグルの設定や、分析からのPDCAの回し方など細かいテクニックの他、基本的なアクセスの分析に関しても網羅的に解説しているので、一番最初にこちらで学ぶことをオススメします。

独学が難しいと思えばスクールで最短でwebデザイナーに!

今まで説明してきましたが、自分一人でここまで学ぼうと思うとwebデザイナーへの熱い思いがないと中々続けられません・・・

正直なところ、独学自体が効率が悪いです。(その中でも最短で効率よくできる独学方法を紹介しました)

不明な点は手が止まり、書籍や動画を見たり、情報が古い可能性すらあります。

独学はお金がかかりませんが、時間はたくさん使います。

独学を選んだ理由がこちらの方はいませんか?

  • 高い費用を払うお金がない
  • 社会人でスクールにいく時間がない
  • 隙間時間で勉強したい
  • 近くにスクールがない

この理由を解消してくれるwebデザイナースクールはたくさんありますし、スクールはプロに直接相談でき、転職支援まで行なってもらえます。

効率よく、最短でwebデザイナーになるのはwebデザイナースクールです。

私の方で、オンラインスクールのオススメをまとめていますのでぜひ、検討してみてください。

オススメのwebデザイナースクールを紹介

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私なりに独学の勉強方法をまとめてみましたが、勉強方法は本当に人それぞれですので色々なサイトをみて自分にあったやり方を見つけてみてください。

ただ1つ言えることは、webデザイナーになる夢を独学で挫折して諦めるようなことはしないでください。

自分で学ぶのは難しいですが、SNSで相談に乗れる人を作ったり、知人の伝手を借りてwebデザイナーを紹介してもらったりやり方はたくさんあります。

webデザイナーの仕事はとても楽しいので、ぜひ自分で体験してみてください!

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です